元農林水産事務次官が語る「TPPとコメ問題」

※本セミナーにおきましては、商品先物取引に関する資料を配布させていただくとともに、当社取扱商品に関する勧誘を行う場合がございますので、予めご了承のうえ、ご参加ください。

東日本大震災の影響もあり、22年産米、
23年産米ともに大荒れの展開となった2011年。
そんな中、72年ぶりに先物市場がスタートし、
また、TTP交渉参加への協議も本格化してまい
りました。日本人にとって欠かすことができ
ないお米の明日はいったいどうなるのか!?
元農水事務次官の高木氏をはじめ、加工用米
取引センターの佐藤氏、米穀新聞社の熊野氏と
豪華な講師陣を迎え、それぞれ違った角度から
お米の現状と未来について、そして、現物市場
と先物市場の持つ意味合いをお伝えいたします。

定員を超える申込みが予想されますので、お早めにお申し込み下さい。


セミナー内容

【内容】
第1部
「混迷するコメ政策と日本農業の未来」

講師:髙木 勇樹 氏
(NPO法人日本プロ農業総合支援機構 副理事長)

第2部
「2012年激変するコメ業界」

講師:熊野 孝文 氏
(株式会社米穀新聞社)

第3部
「加工用米取引センターを活用したコメ取引」

講師:佐藤 孝 氏
(株式会社加工用米取引センター 代表取締役)

【日時・会場】
2012年01月28日(金)13:00~16:30 (開場 12:00)
青森国際ホテル 芙蓉の間 定員:50名
青森市新町1丁目6-18
青森駅より徒歩5分・車で1分
東北自動車道青森中央ICから車で約12分
青森空港からタクシーで約30分
新青森駅からタクシーで約10分
(会場案内)
【参加条件】
どなたでも参加できます。
【参加無料】
応募者多数の場合には、抽選となりますことご了承下さい。
【講師紹介】
髙木 勇樹 氏

髙木 勇樹 氏(たかぎ ゆうき)

NPO法人 日本プロ農業総合支援機構(J-PAO)副理事長

農林水産アナリスト(元農林水産事務次官・前農林漁業金融公庫 総裁)

1966年 農林省に入省。

食品流通局砂糖類課長、大臣官房企画室長などを経て、

食糧庁管理部長、畜産局長、大臣官房長、食糧庁長官など歴任。

1998年7月 農林水産事務次官、2001年1月退官。

2002年1月 ㈱農林中金総合研究所理事長、

2003年10月 農林漁業金融公庫総裁、

2007年2月 日本プロ農業総合支援機構副理事長、

2008年9月30日 同公庫退任。

現在、日本プロ農業総合支援機構副理事長などの立場から、わが国農業・農村の活性化、食の問題の解決に向けた活動に尽力している。

熊野 孝文 氏

熊野 孝文 氏(くまの たかふみ)

1954年鹿児島生まれ

22歳から穀物、コメの専門紙の記者

佐藤 孝 氏

佐藤 孝 氏(さとう たかし)

平成20年 5月 千田みずほ株式会社 入社

平成21年11月 NPO法人 日本プロ農業総合支援機構 常務理事就任

平成23年 2月 株式会社 加工用米取引センター 社長就任

【その他】
セミナー終了後17:00より、同会場にて懇親会を開催いたします。

どうぞお気軽にご参加下さい。(会費3,000円)
【お問い合わせ】
日本ユニコム株式会社(商品先物取引業者 日本商品先物取引協会会員)
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11
TEL 0120-550-780
受付時間(月~金8:00~19:00 ※土日祝祭日は除く)
FAX 03-5623-5025

※本セミナーにおきましては、商品先物取引に関する資料を配布させていただくとともに、当社取扱商品に関する勧誘を行う場合がございますので、予めご了承のうえ、ご参加ください。

ページ上部へ戻る

HOME プライバシーポリシー 免責事項 勧誘方針 重要事項

日産証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号

商品先物取引業者 経済産業省20161108商第10号、農林水産省指令28食産第3988号

加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 金融先物取引業協会