注目の金市場!必見の最新状況と投資戦略

注目の金市場!必見の最新状況と投資戦略

※本セミナーにおきましては、当社取扱商品に関する資料を配布させていただくとともに、当社取扱商品に関する勧誘を行う場合がございますので、予めご了承のうえ、ご参加ください。

◆満員御礼◆
本セミナーにつきましては、お申込みを締切とさせていただきました。
抽選の上、ご当選者の方には受講票(ご招待状)を発送いたします。

セミナー内容

内容
10:30
~11:30

「GOLDの基礎知識」~金投資のいろいろ~

講師:渡部 大輔(わたなべ だいすけ)
(当社CX営業本部 本店長)

11:40
~12:40

「通貨の堕落と金」~主要国中銀の金融政策と金市場~

講師:亀井 幸一郎氏(かめい こういちろう)
(金融・貴金属アナリスト)

12:45~

懇談会食・イベント

日時・会場
日時:2017年10月28日(土)10:30~13:45 (開場 10:00)
日産証券(株)本社7Fセミナールーム
東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11(地図)
参加条件
20歳以上
定員
20名様(ご当選の方にはハガキサイズの受講票・ご招待状を郵送させていただきます。)
参加無料
無料のセミナーですがご応募多数となった場合には、抽選とさせていただきます。
講師紹介
亀井 幸一郎

亀井 幸一郎氏(かめい こういちろう)

金融・貴金属アナリスト
マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表取締役

1979年中央大学法学部卒業。山一證券入社、87年投資顧問会社MMIにて証券および金市場分析レポートを担当、92年国際的な金の広報調査機関ワールド ゴールド カウンシル(WGC/本部ロンドン)入社。企画調査部長として経済調査、世界の金情報の収集、マーケット分析、市場調査に従事。1998年金融・貴金属アナリストとして独立。2002年現職。「史観と俯瞰」をモットーに金融市場から商品市場、国際情勢まで幅広くウォッチしている。時事的な題材を切り口に分かりやすく金融経済を語ることで知られ、その分析は市場関係者の間でも評価が高い。日本経済新聞、日経CNBCテレビやラジオNikkeiなどのメディアでの市場分析、コメントのほか、(社)日本金地金流通協会サイトの市況解説およびメルマガ(毎営業日)、投資情報月刊誌「ネット・マネー」(産経出版)にて亀井幸一郎の「GOLDの風」、時事通信社「アナリストの目」、共同通信社Webサイト「NEWSmart」、ニューズ・レター「クルーレポート」など連載中。2005年5月からブログ「亀井幸一郎の金がわかれば世界がみえる」を公開中。

渡部 大輔

渡部 大輔(わたなべ だいすけ)

1993年西南学院大学卒業、コモディティー市場一筋25年。マーケットの状況に拘わらず常に冷静な市場分析には定評がある。「何事にも基礎基本が大切」を信条に日々マーケットにも向き合っており、いざという時の投資家の心理状態の変化や動向など最も近くで感じている立場からアナリストや評論家の方々とは違った角度で投資家をサポート。

(講師コメント)
最近、「金」に注目して頂ける方が増えてきていますが、「金」への投資は多種多様化しております。特に進化を続ける先物取引には正しい知識と理解が必要です。また、普段からお客様よりいただく「金」への質問は意外とシンプルで基本的な事が多いです。今回のセミナーをきっかけに金投資の基本的なことへの理解を深めていただければ幸いです。

お問い合わせ
日産証券株式会社
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11
TEL 0120-550-780
受付時間(月~金8:30~18:00 ※祝祭日は除く)
FAX 03-5623-5025

※本セミナーにおきましては、当社取扱商品に関する資料を配布させていただくとともに、当社取扱商品に関する勧誘を行う場合がございますので、予めご了承のうえ、ご参加ください。

※お客様からお預かりした個人情報は、当社セミナーのご案内、または当社取扱い商品に関するサービスのご案内のみに利用し、お客様の同意なく第三者に提供することはありません。なお当社における個人情報の利用目的の詳細は、当社ホームページ(http://www.nissan-sec.co.jp/)等をご覧下さい。

※諸般の事情により、上記内容が予告無く変更、中止となる場合がありますことご了承ください。

※開催趣旨に則り、当業界関係者のお申し込みはご遠慮ください。

ページ上部へ戻る

HOME プライバシーポリシー 免責事項 勧誘方針 重要事項

日産証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号

商品先物取引業者 経済産業省20161108商第10号、農林水産省指令28食産第3988号

加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 金融先物取引業協会