門倉 貴史 氏(かどくら たかし)

エコノミスト・BRICs経済研究所代表。

1995年慶應義塾大学経済学部卒業後、銀行系シンクタンクの研究員となり、社団法人日本経済研究センター、東南アジア研究所(シンガポール)へも出向。

2002年に生保系シンクタンクに移籍し、経済調査部主任エコノミストとしてアジアやBRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)についての論文を数多く発表。2005年に退社し、BRICs経済研究所代表へ就任。

現在は国内、国外の経済に関する著書や雑誌への執筆や、講演活動を積極的に行っている。

2007年度~2010年度、同志社大学大学院非常勤講師。09年5月、台湾の国際フォーラムでノーベル経済学賞受賞のポール・クルーグマンと講演。

ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」木曜日レギュラーコメンテーター。

「イスラム金融入門」(幻冬舎)、「世界不況を生き抜く新・企業戦略(朝日新書)、「世界を席捲するインドのDNA」(角川SSC新書)「中国経済の正体」(講談社現代新書)など著書多数。

弊社開催セミナー
”BRICs経済”と今後の資源価格

弊社開催セミナー
金価格の展望 アベノミクスとBRICsは金価格にどのように影響するのか?