馬渕 治好 氏(まぶち はるよし)

日本経済新聞夕刊のコラム「十字路」の執筆陣のひとりとしてもお馴染み。

ブーケ・ド・フルーレット代表 / 米国 SGH Macro Advisors 社社外アドバイザー、CFA協会認定証券アナリスト(Chartered Financial Analyst)

東京大学理学部数学科卒業。米国マサチューセッツ工科大学経営科学大学院修士課程終了。 (旧)日興証券入社。ほとんどの期間、日興グループ各社の調査関連諸部門に従事。日興コーディアル証券国際市場分析部長を最後に独立。現在は独立した形で経済・市場分析にあたる。

著書:「時事問題とマーケットの深い関係」(2015年、金融財政事情研究会)など。

弊社開催セミナー
「アベクロ相場、最終コーナーの走り方」