森本 敏 氏(もりもと さとし)

拓殖大学特任教授、前防衛大臣。

昭和54年外務省入省。在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長など一貫して安全保障の実務を担当。

専門は安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治。平成4年より野村総研主席研究員。平成7年より慶応大学・同大学院にて特別招聘教授、 非常勤講師を兼任。平成9年より中央大学・同大学院にて客員教授。 平成11年より政策研究大学院大学、聖心女子大学非常勤講師を兼任。平成12年より拓殖大学国際学部教授(現職)。 平成21年より東洋大学客員教授。平成21年8月初代防衛大臣補佐官に就任。平成24年6月第11代防衛大臣に就任(~同年12月)。

著書:「普天間の謎─基地返還問題瞑想15年の総て」(海竜社、平成22年7月)、 「日本の瀬戸際─東アジア最大の危機に日本は生き残れるか」(海竜社、平成23年2月)、「それでも日本は原発を止められない」(共著、産経新聞出版、平成23年10月)、「国防軍とは何か」(共著、幻冬舎ルネッサンス、平成25年8月)、「武器輸出三原則はなぜ見直されたのか」(編著、海竜社、平成26年3月)。

弊社開催セミナー
「当面する国際情勢と日本の課題」