森田 隆大(もりた たかひろ)

森田アソシエイツ代表  ワールド・ゴールド・カウンシル顧問 埼玉学園大学大学院客員教授

ニューヨーク大学経営大学院にてMBA取得後、ファーストシカゴ銀行本社(シカゴ)に入社。リレーションシップ・マネージャーとしてシカゴおよび東京で勤務。1990年にムーディーズ・インベスターズ・サービス本社(ニューヨーク)にシニア・アナリストとして入社。以降、格付けアナリストとして多くの日本・アジア企業およびプロジェクトファイナンスを担当。2000年に格付委員会議長を兼務。2002年に日本および韓国の事業会社格付部門の統括責任者(マネージング・ディレクター)に就任、日本の地方債格付けも管轄。在任中、ムーディーズの多くのグローバル格付手法の作成にも携わる。2010年にワールド・ゴールド・カウンシルに入社、翌年、日本代表に就任。金ファンダメンタルズおよび投資における金の役割に関する調査・研究の提供、および投資家との直接対話を通して、金投資の普及活動に取り組む。メディア・機関投資家向けセミナーにも頻繁に登場。日本代表就任時にほぼゼロだった機関投資家の金投資は、現在、数百社を数える。

弊社開催セミナー
「金相場」「株式相場」の現状と展望