「一帯一路の点と線。中国の趨勢を読む。」その時、金・原油は?

「一帯一路の点と線。中国の趨勢を読む。」その時、金・原油は?

※本セミナーにおきましては、当社取扱商品に関する資料を配布させていただくとともに、当社取扱商品に関する勧誘を行う場合がございますので、予めご了承のうえ、ご参加ください。


「韜光養晦(とうこうようかい)」
“時が満ちるまでは国際社会の中で目立たず、野心や爪を隠し周囲の油断の中、
じっくりと国力を蓄えるべし”
かの鄧小平の演説にもあった中国外交のかつての基本政策。

ギリシャ、イタリアのEU域内はもとより遠くアフリカ各国にまでその影響力を及ぼし始め、
今や野心むき出しとも見える中国にいよいよその時が来たのか?
或いは、その裏に何か切迫した理由があるのか?

覇権とメンツが交錯、より複雑化する世界情勢下、その舌鋒の鋭さで注目の石平氏を迎え、
関係各国での講演実績も豊富なアジア通としても知られる当社菊川とともに、
中国の趨勢と各主要商品の行方を探ります。

セミナー内容

内容
12:25~12:30

主催者よりご挨拶

12:30~13:30

「中国の経済情勢・国際戦略および米中対立の行方」

講師:石 平 氏(せき へい)
(評論家・作家)

13:45~14:45

「米中覇権戦争下の金・原油見通し ~熱き夏相場到来か?~」

講師:菊川 弘之(きくかわ ひろゆき)
(日産証券主席アナリスト/NPO法人国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe))

日時・会場 日時:2019年7月20日(土)12:25~14:45 (開場 11:30)
日産証券(株) 本社7Fセミナールーム
東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11(地図)
参加条件 20歳以上
定員 70名様(ご当選の方には受講票・ご招待状を郵送させていただきます。)
参加無料 無料のセミナーですがご応募多数となった場合には、抽選とさせていただきます。
講師紹介
石 平 氏

石 平 氏(せき へい)

評論家・作家

1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部を卒業。 1988年に来日。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了後、民間研究所勤務。2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP)を著して中国における反日感情の高まりについて先見的な警告を発して以来、評論活動に入る。中国問題・日中問題を中心に執筆・講演・メディア出演など活発に展開。産經新聞本紙にて「石平のChina Watch」を好評連載中。2014年に第23回山本七平賞受賞。 近著に、安田 峰俊 氏との共著「「天安門」三十年 中国はどうなる?」(育鵬社)、渡邉 哲也 氏との共著「習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時」(ビジネス社)、単著に「なぜ論語は「善」なのに、儒教は「悪」なのか 日本と中韓「道徳格差」の核心」(PHP新書)など多数。

菊川 弘之

菊川 弘之(きくかわ ひろゆき)

日産証券主席アナリスト/NPO法人国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)

NY大学留学中にはGelberGroup社、FutureTruth社などでのトレーニーも経験。帰国後は商品投資顧問会社などでのディーリング責任者等を経て現職。
日経CNBC、BloombergTV、ストックボイス、ラジオ日経など多数のメディアに出演の他、日経新聞にマーケットコメント、時事通信、Yahooファイナンスなどに連載、寄稿中。また近年では、中国、台湾、シンガポールなどに招かれ、現地取引所主催・共催セミナーの招待講師も務める。自身のブログ“菊川弘之の「月月火水木金金」”でも日々のマーケット情報を配信中。

お問い合わせ 日産証券株式会社
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11
TEL 0120-550-780
受付時間(月~金8:30~18:00 ※祝祭日は除く)
FAX 03-5623-5025

※本セミナーにおきましては、当社取扱商品に関する資料を配布させていただくとともに、当社取扱商品に関する勧誘を行う場合がございますので、予めご了承のうえ、ご参加ください。

※お客様からお預かりした個人情報は、当社セミナーのご案内、または当社取扱い商品に関するサービスのご案内のみに利用し、お客様の同意なく第三者に提供することはありません。なお当社における個人情報の利用目的の詳細は、当社ホームページ(https://www.nissan-sec.co.jp/)等をご覧下さい。

※諸般の事情により、上記内容が予告無く変更、中止となる場合がありますことご了承ください。

※開催趣旨に則り、当業界関係者のお申し込みはご遠慮ください。

ページ上部へ戻る

HOME プライバシーポリシー 免責事項 勧誘方針 重要事項

日産証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号

商品先物取引業者 経済産業省20161108商第10号、農林水産省指令28食産第3988号

加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 金融先物取引業協会